キャッシングやクレジットカードの在籍確認について。

キャッシングやクレジットカードの審査で、一番気になるのは在籍確認でしょうか?

在籍確認と言っても、むやりやたらにす、りわけではないですし、中にはしないところもあります。

モビットでは、完全にインターネットのお申し込みの場合のみ在籍確認はないようです。

他のキャッシング会社なども、在籍確認の際は名前は個人名でしてくれるのでバレるようなことはないと思います。

カーローンなどでも在籍確認はありますし、キャッシング会社だけではないのであまり気にしなくてもいいのでは?と個人的には思います。

本当に仕事をしていればいいのですが、していない場合は必ずバレるのでウソをつくことはオススメできません。

ただ、在籍年数などは確認しようがないので収入証明書などを提出しない限りはバレないかと思います。

私がキャッシング会社に審査を申し込んだときは、在籍年数は少し多めに書いておきましたが本当にそこで仕事をしていたので、在籍確認はすんなりできたようでした。

在籍確認は仕事をちゃんとしている証明にもなるので、ちゃんとしておくと審査通りやすくもてもスムーズにことが進むのではないかと思います。

どうしても在籍確認されては困る場合は、モビットでインターネット申し込みをするしかないのではないかと思います。

ちなみに、私のときは『保育園の関係で確認するみたいで…』とあらかじめ会社には伝えておきました。

返済できる時はなるべく1円でも多く返済しておく

大きなお金が必要になった時にとても頼りになるのは、カードローンやキャッシングの借入です。

このカードローンやキャッシングは、殆どの企業が、大きなお金を借りても、分割で返済しやすい形となりますので、楽に思います。

でも楽な返済である分、長期に渡って借りたまんまの状態になっているので、毎日毎日、利息が加算されて行っている状態になるのです。

例えば、10万借りたとして毎月の返済は利息が1500円で元金に8500円と思い、1万円返済したとします。

これでは元金が完全に無くなるのは、約1年後となります。こんな風にゆっくりと返済する契約を結んだとしても、途中で何回も返済をしても良いのです。

返済の時に1万円ではなくて3万円返済しても一気に返済しても良いのです。返済できる時は、なるべく1円でも多く返済しておくと、利息が減るのでお得になるのです。

規定どおりの返済で無く、利息をいかに減らして借入するかと考え、元金を早く減らす方が、余計な出費を抑える事に等しいと言えるのです。

のんびりゆっくり返済は1万でよいわっと穏やかモードで構えていては、利息が掛かって損ばかりしています。

その無理なく、楽すぎる返済方法に注意して、少しでも多く返済する事をお薦めします。

急遽必要になり、3社審査を受けました

私の仕事は、昼は無店舗でハンドメイドの自営業をし

夜はキャバクラで働いています。

キャバクラの方は1年ブランクがあり、先日復帰した形になります。

急遽15万程度必要になり、親や恋人に頼るのは気が引けたので有名な会社のオンラインで仮審査をしました。

メールが届いた時点ではキャッシング可能でしたが、電話で根掘り葉掘り聞かれました。

返せる見込みがないと判断され、その会社では借りられませんでした。

他の有名会社を当たっても全滅。

しかも審査完了までの時間が長く、タイムリミットがあったのでオンライン申し込みしか出来ずとても焦っていましたし、CMでは「誰でも借りれる」というようなキャッチフレーズを謳っておきながら、収入が安定していないという理由でしょうが、即日借り入れを申し込むくらい困っているのに手を差し伸べてくれませんでした。

勤続年数や職種により簡易に決められてしまったことをとても悲しく思いました。

結局お金は用意出来ずやらなければならない事も出来ませんてました。

もう二度と消費者金融には頼りません。事情をきちんと話し、お互い信頼し合えてる人に相談した方が良いことを学びました。

お金を借りる、という事は信頼関係ですので根本的に消費者金融というものは間違っているのかな、とも感じました。

カードローンをまとめてみたら

五年くらい前、三つのクレジット会社からキャッシングをしていました。(うち二つは同じ会社でした)

毎月、コツコツと返済していたら、ある日、「一つにまとめませんか?」と、クレジット会社から電話がかかってきました。

当時、毎月一万円ずつ返済していたところが残り一年、15000円ずつ返済していたところが残り四年だったため、一つにまとめて、残り三年にしてもらったのですが、今考えると、まとめずに途中で支払額が少なくなってくれた方が後々楽だったかな?と思いました。

ちなみに、子供たちが小学生だった頃は、そんなにお金がかからず、楽だったハズなんですが、なぜか、完済した後、ストレスで金銭感覚がぶっ壊れることが相次ぎ、自己啓発にお金をつぎこんでしまったり、買い物依存症に陥ったり、高い買い物をローンを組んでまでしてしまったり。

気がつくと、いつも返済に追われてて、貯金が全く出来てなくて、後でとても困りました。

今は、知り合いの力を借りて、自分の心を見つめることで、問題に取り組んでますが、ずっと見なかったことにして延ばし延ばしにしていたので、解決や完治には、思いのほか時間がかかりそうです。

自分の心の問題が解決する頃、お金の問題も解決できるといいんですが。

健康保険証と運転免許証

実は、インターネットのカードローンの審査は、健康保険証の種類を確認するくらいで特に必要な書類はありません。

特に手元に書類が無くても、審査から融資までは完了してしまいます。

いろいろな証明書や証明書のコピーは、カードローン会社から送られてきた契約書を送るときに同封してカードローン会社に送ることになります。

必要書類は通常、

?身分証明書

?健康保険証

です。

このほかに、50万円以上のカードローンを申し込む場合は、収入を証明する書類が必要になります。

身分証明書

カードローン会社は、担保を取らずに申し込みしてくる人を信用してお金を貸し出します。

なので、申し込む人がどういう人物かということの証明書である身分証明書のコピーを、必ず提出することになります。

身分証明書としては、まず健康保険証が重要になります。健康保険証は公的な証明書で信用がでます。あなたがどのような働き方をしているかも、健康保険証である程度把握できるので、カードローンの審査には必須といっても言い過ぎでは無いほどのものです。

健康保険証だけでも、カードローンの審査は通過できることになっています。しかし、カードローン会社では健康保険証だけでは十分とは考えません。

そこで求められるのは、顔付きの公的な証明書です。

顔付きの公的な証明書とは、運転免許証やパスポートのことです。この書類には、住所はもちろんあなたの顔まで載っているので、カードローン会社としてはとても信頼のできる証明書と考えます。

健康保険証と同じで、運転免許証のみ、パスポートのみでもカードローンの融資は通過できることになっています。しかし、カードローン会社は健康保険証をもっとも重視しているので、運転免許証やパスポートのみでは、健康保険証のみのときよりさらに審査を通過する可能性が低くなります。