返済できる時はなるべく1円でも多く返済しておく

大きなお金が必要になった時にとても頼りになるのは、カードローンやキャッシングの借入です。

このカードローンやキャッシングは、殆どの企業が、大きなお金を借りても、分割で返済しやすい形となりますので、楽に思います。

でも楽な返済である分、長期に渡って借りたまんまの状態になっているので、毎日毎日、利息が加算されて行っている状態になるのです。

例えば、10万借りたとして毎月の返済は利息が1500円で元金に8500円と思い、1万円返済したとします。

これでは元金が完全に無くなるのは、約1年後となります。こんな風にゆっくりと返済する契約を結んだとしても、途中で何回も返済をしても良いのです。

返済の時に1万円ではなくて3万円返済しても一気に返済しても良いのです。返済できる時は、なるべく1円でも多く返済しておくと、利息が減るのでお得になるのです。

規定どおりの返済で無く、利息をいかに減らして借入するかと考え、元金を早く減らす方が、余計な出費を抑える事に等しいと言えるのです。

のんびりゆっくり返済は1万でよいわっと穏やかモードで構えていては、利息が掛かって損ばかりしています。

その無理なく、楽すぎる返済方法に注意して、少しでも多く返済する事をお薦めします。