健康保険証と運転免許証

実は、インターネットのカードローンの審査は、健康保険証の種類を確認するくらいで特に必要な書類はありません。

特に手元に書類が無くても、審査から融資までは完了してしまいます。

いろいろな証明書や証明書のコピーは、カードローン会社から送られてきた契約書を送るときに同封してカードローン会社に送ることになります。

必要書類は通常、

?身分証明書

?健康保険証

です。

このほかに、50万円以上のカードローンを申し込む場合は、収入を証明する書類が必要になります。

身分証明書

カードローン会社は、担保を取らずに申し込みしてくる人を信用してお金を貸し出します。

なので、申し込む人がどういう人物かということの証明書である身分証明書のコピーを、必ず提出することになります。

身分証明書としては、まず健康保険証が重要になります。健康保険証は公的な証明書で信用がでます。あなたがどのような働き方をしているかも、健康保険証である程度把握できるので、カードローンの審査には必須といっても言い過ぎでは無いほどのものです。

健康保険証だけでも、カードローンの審査は通過できることになっています。しかし、カードローン会社では健康保険証だけでは十分とは考えません。

そこで求められるのは、顔付きの公的な証明書です。

顔付きの公的な証明書とは、運転免許証やパスポートのことです。この書類には、住所はもちろんあなたの顔まで載っているので、カードローン会社としてはとても信頼のできる証明書と考えます。

健康保険証と同じで、運転免許証のみ、パスポートのみでもカードローンの融資は通過できることになっています。しかし、カードローン会社は健康保険証をもっとも重視しているので、運転免許証やパスポートのみでは、健康保険証のみのときよりさらに審査を通過する可能性が低くなります。