金は天下のまわりもの

「金は天下のまわりもの」なんて言いますが、本当にそうなんでしょうか。今日は主人の給料日ですが、両手を挙げて喜べない状況です。新築マンションを購入して以来、ずっと出費が続いています。家具屋家電、インテリアに至るまで全てを新しくしたおかげで、部屋の中はとてもオシャレな雰囲気になりましたが、財布の中、銀行口座は空っぽです。今月もクレジットカードの支払い請求が30万円も来ています。新しく買ったテレビとブルーレイレコーダーの支払いが含まれているようです。先月も、その前の月も30万円もの支払いをしました。こう毎月、高額の支払いがあっては、生活も苦しくなってしまいます。主人にお小遣いを渡し、子供にお小遣いを渡し、財布の中に残ったお金は2万円足らずです。これで家族3人、1ヶ月暮らしていけるはずがありません。食費、雑費、医療費もかかりますから、また今月も赤字です。来月の上旬にはボーナスも入りますから、それで赤字分は補填できますが、ボーナスからは繰上げ返済もしていかなくてはならないと考えています。我が家から出て行ったお金は、いったいどこに回っているのでしょう。回り回って、我が家に戻ってくる日は来るのかと感じてしまいます。カードローン 在籍確認

お金の価値を決めるのは。

お金はなくてはならないもの、どれだけあっても困らないものだと思います。

お金さえあれば、世の中のほとんどの物を買うことができるでしょう。

現代医学で治療できる範囲であれば、命さえお金で左右することができます。例えば移植手術で必要な臓器も、一般的にはお金がある人間の方に優先的に与えられています。

寂しく感じますが、それが現実だと理解しています。

私の考える、お金では買うことができない残りの物は、自然などの個人が買うことが不可能な物や、希少過ぎてそもそも市場に出回ることがない物、そしてベタではありますが、人の感情です。

大人になると多くの人が、上記に述べたようなお金の存在価値を嫌でも知るようになると思います。

でもだからこそ、自分の子供には、お金に左右されない友情や愛情、思いやりを持って育っていってほしいと切に願います。

しかし、訳あって借金返済に回ってしまう人など、さまざまです。クレジットカードの仕組みをちゃんと知り総量規制対象外カードローンを利用することは間違いではありません。快適な暮らしができます。

お金持ちの人だから友達になる、お金目当てに親切にする、お金のために人を裏切る、なんてことをしてはいけない。大層なことではなく、こんな当たり前のことでいいのです。

お金の価値は友情や愛情以上のものなのかどうか、決めるのは自分です。

お金がある無しで人や物事を判断することのない、優しく思いやりのある人間になってほしいです。

もちろんそれと同時に、お金の大切さや、ありがたみも教えていかなければならないと思いました。

手軽さを併せ持つ借金

クレジットカードはいわゆる借金で、後に返済するのを前提に発行され使用するものである。しかし、最近はカード破産などという言葉もあるようにクレジットカードとキャッシングが一体化されてるものも多く、目に見えない分ついつい使いすぎてしまい、支払いという返済が出来ずに手軽にキャッシングしてどんどん借金だけが膨らんでいく。

自身もクレジットカードを使用しており、使用するシーンはガソリンの給油と携帯電話代、稀に利用するネットショッピングの支払いに自ら限定している。というのもデビットカードと違い、給料日を越えて口座残高に余裕のあるときに支払いできるという強みももちろんある。金銭の余裕がないときは非常に助かるものである。

しかし借金は借金なわけであり、クレジットカードの使用から支払いまでを借金だと感じることなく使用する人が多いのはなぜだろう。今では日本人の3人に1人が何かしらでお金を借りている時代なので、お金借りる事は決して恥ずかしい事ではありません。むしろ今このピンチを抜け出すためにもカードローンで急場をしのぎましょう!

借金は人を狂わす。借金だと感じることが出来ない人はクレジットカードを使用する資格はないと個人的には思う。そしてクレジットカード会社も借金であることをもっと前面に押し出していくべきだと考える。クレジットカード会社も何故魔法のようなカード1枚で人生を狂わす人が出てきても黙っていられるのだろうか。

クレジットカードでの借金があるから家計がうまくまわらなかったり、毎月の支払いという名の借金返済でいらぬ出費があるのも否めない。個人的には手軽に借金のできるクレジットカードはやめたくてもやめれないのが実状だったりする。

お金がある人とない人の差について

この世界の中でお金を持っている人と持っていない人の差が激しいことを、今では知っている人が増えたでしょう。お金持ちはどんなに使おうとしても使い切れないほどのお金を持っていて、お金がない人はいつもお金がなくて苦しんでいます。

どうしてこんなに貧富の差ができてしまったのかと思うのですが、世界だけではなくて日本の中でもお金持ちと貧乏人の差が大きくでき始めています。昔から日本でもお金がある人とお金がない人の差というのはありました。だけど今は貧富の差がどんどん大きく広がりつつあります。

世界ではお金がない国とお金に恵まれている国があったり、地域によっても様々ですが、日本ではお金を持っている人とお金に恵まれない人の差がハッキリしてきました。だから不満がどんどん出てきています。

また、お金がない人はお金をたくさん稼げないような環境にいることが多くて、お金持ちは黙っていてもお金を稼ぐことができる環境にいることがあります。こういうことを不公平といいます。不公平以外のなにものでもありません。みんな平等と言っていても本当はみんな平等になどなっていません。

これから将来を担う大事な子供たちが平等に働くことができる世の中を期待しています。在籍確認なしカードローン

スラムダンクを忘れられない

私は現在35歳になりますが中学生の時によく見ていたスラムダンクが今でも忘れられません。私はバスケ部ではありませんが陸上をやっていて青春をスポーツにささげる主人公たちの姿に感動したことを覚えています。あの頃は私自身恋をしていた女の子がいてその子にかっこいい所を見せようとわざとその子の前を走ってみたり、スピードを上げて見たりと主人公が好きな女の子にかっこよく思われたいとしている姿とかぶって、まさに私の青春を描いているようなアニメでした。

今でもスラムダンクはファンから愛されていて先日はテレビでスラムダンクと関係のある場所に外国人が訪れていると言っていました。本当にすばらしく誰からも愛されるアニメだと思います。私も時々レンタルでスラムダンクのDVDを借りて昔を思い出しています。あの時好きだった子は他の男性と結婚して子供が3人いるんです。もしスラムダンクの主人公たちの現在が描かれるとしたらどうなるんだろうかと妄想しながら楽しんでいます。

私は続編を強く希望していますが今の所そのような動きは見られません。今はすっかり落ちぶれた生活を送っていますが、もし続編が出たらあの青春時代を思い出して生きる希望を見出す事が出来るんじゃないかと思っています。主婦キャッシング