被服費と美容費を削って大幅節約

家計をひきしめたいと思った時、主婦がとりあえず節約しようと思うのは食費ではないでしょうか。私自身、激安スーパーで買い物をして牛乳が30円安く買えたりすれば嬉しいものです。しかし、どんなに頑張って食費を引き締めても食費が浮くのは(元々質素な食卓でしたから)我が家の場合せいぜい月に3000円程度で、それもお酒や菓子などの嗜好品を我慢するという苦行を家族に強いたりした割には見返りが少ないなと常々感じていました。

それで私が見直そうと思ったのが、削れないと思っていた被服費と美容費です。シーズンごとになんとなく流行の服を購入していたのを止めて、できるだけベーシックなものを買うようにしたり、すぐに成長する子供服はリサイクルショップでゲットしたり、そもそも絶対に必要かどうかを考えてみただけで被服費は大幅に引き締める事ができました。それから、当たり前のように行っていた美容院に行く頻度を見直し、前髪を切ったりカラーリングをするくらいなら自分で済ませるようにしました。主人はシャンプーを省略した1000円カットに行ってもらい、子供の髪の毛は私が散髪するようにしたことでそれまでかかっていた美容院代も数千円単位で節約できました。実際、それで私達家族が一気にみすぼらしくなるなんてこともなく(笑)、元々美容院嫌いだった主人と子供にも好評です。

勿論、スーパーで少しでもお買い得なものを買うことも続けていますが、過度な食費の節約は家族の健康にも関わる部分なのであまり無理せず、どかんと節約できる被服費と美容費の見直しはなかなかオススメだと思います。即日キャッシング 無審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>