手軽さを併せ持つ借金

クレジットカードはいわゆる借金で、後に返済するのを前提に発行され使用するものである。しかし、最近はカード破産などという言葉もあるようにクレジットカードとキャッシングが一体化されてるものも多く、目に見えない分ついつい使いすぎてしまい、支払いという返済が出来ずに手軽にキャッシングしてどんどん借金だけが膨らんでいく。

自身もクレジットカードを使用しており、使用するシーンはガソリンの給油と携帯電話代、稀に利用するネットショッピングの支払いに自ら限定している。というのもデビットカードと違い、給料日を越えて口座残高に余裕のあるときに支払いできるという強みももちろんある。金銭の余裕がないときは非常に助かるものである。

しかし借金は借金なわけであり、クレジットカードの使用から支払いまでを借金だと感じることなく使用する人が多いのはなぜだろう。今では日本人の3人に1人が何かしらでお金を借りている時代なので、お金借りる事は決して恥ずかしい事ではありません。むしろ今このピンチを抜け出すためにもカードローンで急場をしのぎましょう!

借金は人を狂わす。借金だと感じることが出来ない人はクレジットカードを使用する資格はないと個人的には思う。そしてクレジットカード会社も借金であることをもっと前面に押し出していくべきだと考える。クレジットカード会社も何故魔法のようなカード1枚で人生を狂わす人が出てきても黙っていられるのだろうか。

クレジットカードでの借金があるから家計がうまくまわらなかったり、毎月の支払いという名の借金返済でいらぬ出費があるのも否めない。個人的には手軽に借金のできるクレジットカードはやめたくてもやめれないのが実状だったりする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>