マイナンバー制度を導入する前に。

今年の10月から日本に住民票を置く人全員に割り振りられる「マイナンバー制度」について。生まれたその時からその人だけに付けられ、個人を特定するための12桁の数字。段階を踏みながらの使用となるようで、第一段階は社会保障・税収・災害対策分野。退職後、国民年金受給に日本年金機構に出向いたとしても、住民票が必要だったり、会社から提出された書類が必要だったり、それを紛失してたりすればハローワークにて再発行してもらいに行く。そんな手間が無くなり、自身のマイナンバーさえあればそれだけで手続きが進むと言う。マイナンバーにそれだけの情報が管理されているということだ。税収に関しては、脱税や申告漏れの防止。収入の管理もこのマイナンバーで管理されることになる。災害対策分野においては、例えば災害において全てのものを失ったとしてもマイナンバーによって自身の証明が出来る。マイナンバー制度のある国では自宅の電話番号のように自分のマイナンバーも記憶してる方も多いようだ。制度が施行される1月からは届け出れば自身の顔写真入りのマイナンバーカードの作成も可能だと言う。運転免許やパスポートを持ってない人にしたら自身の証明書になるだろう。縦割り行政の日本、マイナンバーで個人の情報を管理することのメリットはこの様な事が言われてるが、やっぱり我々が心配なのは、個人情報流出。つい最近も、国民年金機構のサイトが不正アクセスに合い、年金の情報が流出した。マイナンバーにはそれにも及ばないほどの膨大な個人情報が埋め込まれている。ここの安全さの理解を深めるのが、マイナンバー制度を導入する際の必須条件ではないのだろうか。即日キャッシング