お金の価値を決めるのは。

お金はなくてはならないもの、どれだけあっても困らないものだと思います。

お金さえあれば、世の中のほとんどの物を買うことができるでしょう。

現代医学で治療できる範囲であれば、命さえお金で左右することができます。例えば移植手術で必要な臓器も、一般的にはお金がある人間の方に優先的に与えられています。

寂しく感じますが、それが現実だと理解しています。

私の考える、お金では買うことができない残りの物は、自然などの個人が買うことが不可能な物や、希少過ぎてそもそも市場に出回ることがない物、そしてベタではありますが、人の感情です。

大人になると多くの人が、上記に述べたようなお金の存在価値を嫌でも知るようになると思います。

でもだからこそ、自分の子供には、お金に左右されない友情や愛情、思いやりを持って育っていってほしいと切に願います。

しかし、訳あって借金返済に回ってしまう人など、さまざまです。クレジットカードの仕組みをちゃんと知り総量規制対象外カードローンを利用することは間違いではありません。快適な暮らしができます。

お金持ちの人だから友達になる、お金目当てに親切にする、お金のために人を裏切る、なんてことをしてはいけない。大層なことではなく、こんな当たり前のことでいいのです。

お金の価値は友情や愛情以上のものなのかどうか、決めるのは自分です。

お金がある無しで人や物事を判断することのない、優しく思いやりのある人間になってほしいです。

もちろんそれと同時に、お金の大切さや、ありがたみも教えていかなければならないと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>