「がっこうぐらし」という作品について

今期のニコニコ動画において僅か2週間足らずで400万もの再生数を出している「がっこうぐらし」。私自身その作品を見てみたが、良くある日常系アニメで主人公であるかわいい女の子が友達同士仲良く学校の中で暮らして楽しむ作品だと思っていた。

しかし実際は日常系アニメではなく、主人公が学校がバイオハザードの如く、学校の生徒がゾンビ化し、その現実を受け止められない主人公が平和だった日常を幻想しているという話になっていた。まどかマギカの如くPVでは平和的なモノを暗示させておきながら、実際は暗いストーリーだという騙された系の話だったのである。

これに対し、ニコニコ動画の人達は前の日常系のアニメが終わった難民の人達を救済する作品だと期待させておきながら絶望を味わったという事で日常系で人気のある「ご注文はうさぎですか?」のアニメに戻るという一時期の社会現象になっている。先ほど2話を見てみたが、話はまとめられており、今後どのような展開になるのか予想が出来ない。ただ精神崩壊、女の子がスコップでゾンビを殴り倒す、そしてEDの最後に出てくる花言葉が「そして誰もいなくなった」という意味合いから絶望的な最後がある事を覚悟しないといけない。それ故今期一番の注目されるアニメだと思われる。総量規制対象外カードローン